予防接種の間隔

異なった種類のワクチンを接種するときは、その効果および安全性のため、最低次の期間をあけることになっています。なお、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合には、それぞれ定められた間隔がありますので、ご確認ください。

不活化ワクチン(三種混合、インフルエンザワクチンなど)の後、1週間以上の間隔をあけて他の予防接種を受けてください。
生ワクチン(ポリオ、BCG、麻疹風疹混合、おたふく、水痘ワクチンなど)の後、 4週間以上の間隔をあけて他の予防接種を受けてください。

感染症にかかった後の間隔

  • (1)麻しん、風しん、水痘、ポリオ、おたふくかぜ等にかかった場合は、治ってから2〜4週間以上あけないと予防接種を受けることができない場合があります。
  • (2)突発性発疹、手足口病、りんご病、ヘルパンギーナ、インフルエンザ、プール熱等のウィルス性疾患の場合は、免疫学的に大きな問題となることは通常なく、回復すればワクチンの接種が可能になります。治療後約2週間の間隔が目安となります。不安な方は、主治医の先生にご相談ください。
  • (3)比較的軽症な上気道炎、胃腸炎などの場合は、熱がなければ予防接種の対象となります。
  • (4)風邪薬などの内服薬を服薬中でも予防接種は可能です。主治医の先生にご相談ください。

予防接種の予約はこちら 予防接種スケジュール表(PDF)

ページトップへ