お知らせ

お知らせ一覧へ

2013.09.26

小児の肺炎球菌感染症ワクチンについて

11月1日(金)より定期の小児肺炎球菌感染症ワクチンが沈降13価肺炎球菌結合型ワクチン「プレベナー13」に変更になります。
現在使用されている7価肺炎球菌ワクチンに含まれる7つの血清型に加え1、3、5、6A、7F、および19Aが含まれ、予防できる肺炎球菌の種類が増えることになります。
接種スケジュールはこれまでの7価肺炎球菌ワクチンと同じです。7価肺炎球菌ワクチンを受けている方も残りの接種は「プレベナー13」での接種になります。

|

ページトップへ