お知らせ

お知らせ一覧へ

2011.03.10

ヒブと小児肺炎球菌ワクチンについて

 皆さんご存じのように、厚生労働省の8日の専門家会議でヒブワクチン・小児肺炎球菌ワクチンの接種見合わせの延長が決定されました。ヒブおよび肺炎球菌ワクチンの一時見合わせで、接種年齢のお子さんをお持ちの方は困惑されておられることと思います。諸外国では10年以上前から問題なく使用されているワクチンですし、同時接種も普遍的におこなわれている方法ですから問題があるとは考えられません。  専門家の間でも基本的にはワクチンと死亡の因果関係は認められないとの認識では一致しているようです。次回の会議を早期(2週間早ければ1週間後)に開催し最終判断をするとのことです。接種途中の方などご心配をおかけいたしますが、もうしばらくお待ち下さい。  せっかく1歩前進した予防接種体制がまた後退することのないような真当な判断を国に望みたいと思います・・・。

|

ページトップへ