お知らせ

お知らせ一覧へ

2011.10.11

赤ちゃんのワクチン接種の優先順位について

日本では結核・百日咳・細菌性髄膜炎は、今でも決してまれな病気ではありませんが、日本国内でポリオの自然感染は30年以上ありません。海外に行かれる方でなければ、ポリオにかかる可能性がほとんどないでしょう。0歳児の受けるワクチンは、0歳児が感染し重症化することが多いため接種時期が早くなっています。ですから早めに感染する可能性のあるものから受けていくのがいいでしょう。
以上のような理由から予防接種は、ヒブ、肺炎球菌、百日咳、BCGなどを優先しポリオを後回しにするのが一般的です。

|

ページトップへ